七尾仏壇について
七尾仏壇の歴史〜特徴

七尾仏壇の歴史

七尾仏壇の起源は、室町時代と推察されています。蓮如(れんにょ)上人が浄土真宗の布教に能登一円を歩かれた時代です。 室町時代初期の応永16年(1409)、守護職として七尾に入った畠山満慶(みつのり)は塗り、蒔絵、金具、彫刻などの職人や文化産業を保護し、今日の七尾仏壇の基礎を築きました。 一方、能登・畠山氏の時代が終わり1581年、加賀藩祖・前田利家が七尾入城を果たすまで七尾は北陸の中心地でした。入城当時、七尾には職業別に魚町、米町、木町、鉄砲町、塗師町などがあり、各町内ごとに区画整理されて営業され、その中で塗師町という町名は、江戸時代初期よりあったものですが、当然その町は塗師が多数いたことがわかります。 現在の七尾仏壇協同組合の前身である組織の名称は1904年の帳簿(現存する仏壇業者の最古の書類)によると「七尾町塗師業仲間」とあることから、仏壇の製造をその家業の中心とした家が多かったものと思われ、今日の七尾仏壇が生まれたのは17世紀半ごろから現在まで、およそ3世紀半もの歴史を歩んで参りました。

七尾仏壇の特徴

七尾仏壇は昭和53年(1978)7月22日に、伝統工芸品に指定されました。この指定は通産省(現:経済産業省)が伝統工芸品産業振興に関する法律に基づいて行うもので、その製品製造課程に手工芸的であることと又、伝統的技術により製造されるもので、一定の地域において生産されるものである事が要件です。 七尾仏壇は、堅牢であること、装飾が豪華であることが大きな特徴です。 能登地方は山間部が多いため、山道での運搬に耐える堅牢さが必要とされました。鏡板(本尊、脇仏の後板)を二重にする「二重鏡板」、組み立ては全て釘を使わない「ほぞ組」にするなど工夫を凝らし、丈夫な造りとなっています。 七尾仏壇には漆塗りや金箔加工など石川の優れた工芸技術が駆使されています。金箔をふんだんに使用、荘厳な二重破風屋根の宮殿、青貝を使った立体感に満ちた蒔絵、緻密な彫刻や輪島塗の流れをくむ漆塗りなど、他地域にない優れた技法・技術が取り入れられ、圧倒的な華麗さを誇っています。 仏具として扱われる三卓を仏壇の付属品として作ることも七尾仏壇の特徴の一つです。。

お買い得品情報
特別価格にてご紹介を申し上げます。

七尾仏壇50代

伝統的工芸品
七尾仏壇 50代

新三方開き
高級研出し磨き蒔絵
製作期間:11ヶ月

東京・石川伝統フェアーや青山伝統工芸スクエアで展示ご紹介を致しました。当組合の伝統工芸士による共同作業で仕上げられた至極の逸品です。

実寸法:高159㎝ × 幅64㎝ × 奥行62㎝

展示会価格 450万円(税別)のところ

特別価格 428万円(税込)

  • 各宗適合仏具一式付属
  • 【期間内無料】
    納品(北陸三県内)、
    お飾りセット
七尾仏壇70代

伝統的工芸品
七尾仏壇 70代

新三方開き
高級研出し磨き蒔絵
製作期間:12ヶ月

東京・石川伝統フェアーや青山伝統工芸スクエアで展示ご紹介を致しました。当組合の伝統工芸士による共同作業で仕上げられた至極の逸品です。

実寸法:高174㎝ 巾71㎝ 奥67㎝

展示会価格450万円(税別)のところ

特別価格 448万円(税込)

  • 各宗適合仏具一式付属
  • 【期間内無料】
    納品(北陸三県内)、
    お飾りセット

その他特価品もございます。

七尾仏壇組合、または各加盟店へお問い合わせください。

お問い合わせ
下記問い合わせ先へご連絡ください。

七尾仏壇協同組合 事務局
所在地 石川県七尾市三島町70-1 
七尾商工会議所内
TEL 0767-54-8888
組合理事長 布 清 信
所在地 石川県七尾市小島町ト20
TEL 0767ー52ー6885
展示場所 (有)千徳屋
所在地 石川県七尾市千野町ほ101
TEL 0767-57-2888

News
お知らせ

2022/3/10
七尾仏壇協同組合 Webサイトリニューアル。NEW

» 過去ログ

七尾仏壇協同組合
取り組み事業
七尾仏壇協同組合までお気軽にお問い合わせください。

七尾仏壇協同組合 取り組み事業

●神輿(みこし)の新調・修理

●寺院用具の新調・修理

●キリコ、奉燈、ダシ(山車)などの新調・修理

●公民館などへの仏壇の新規納入、等

映像
(七尾仏壇~歴史と制作風景~)
七尾仏壇の歴史と制作風景をご覧ください。